デスクトップ仮想化基盤を導入してみよう

これまでは社員の数だけクライアントPCを用意しなければいけない会社が多かったのではないでしょうか。

しかし、クライアントPCが社内に増えるとPCの数が必然的に増えるのでその分室温が上昇し、真夏はハードウェアの障害が発生し易くなってしまいます。そのため、普段から室温を常に調整する必要がありました。



またハードウェア障害ではデータが消失することも度々発生しました。

このため、バックアップをマメに行う必要がありました。

Nutanix情報はこのサイトにおまかせ下さい。

さらにクライアントPCにデータが保存されるためにセキュリティ面においても管理が難しいという状況にありました。

このような様々な事情から最近では新たにデスクトップ仮想化基盤を導入する企業が増えてきました。デスクトップ仮想化基盤であればデータを一元管理できるので機密情報が漏れることは極めて少なくなりました。
またノートPC等の可搬性が高いPCが盗まれることも無くなりますし、PCを管理する側の担当者にとってもデスクトップ仮想化基盤を導入したことでこれからはPCが何台増えても管理負担が大幅に増えることは無くなります。

BIGLOBEニュースを情報を幅広くご活用下さい。

セキュリティ面においてもいちいち一台ずつウイルス対策のソフトウェアをインストールしたり、更新したりする必要性が無くなります。

また業務用のソフトウェアについてもパッチ適用やバージョン管理を一括で行うことができます。

さらに、全てのクライアントを一台、もしくは数台の物理マシンに集約させることで電力を大幅に削減できるのです。